FC2ブログ
2017-08-29

味噌汁を求める

ゾンビから逃げる遊びをするためにまたダイブをした
続きから始めるために前回最後にいた場所を思い出した

前回の最後は神子さんと衣料品売り場に一緒にいた



私「神子さん!続きやろう」
神子「はい!このあたりはゾンビがいませんね」
私「本当だーさっきは結構いたのに」
神子「向こう行きません?味噌汁がある気がします!!」
私「え?神子さん、ここ衣料品売り場だよ?」

しばらくすると階段が見えてきた

神子「デパートの階段がある場所って自販機ありますよね?そこにもしかしたら味噌汁が!!」
私「????自販機に味噌汁なんて売っていたか…?」

コーンポタージュなら売っているのを見たことがあるけど、味噌汁は見たことがない



階段の所へ行ってみた
自販機があった

神子「自販機ありましたね!うーん、うーん」
自販機に味噌汁があるか確かめていた

神子「ありませんでした…(´・ω・`)」
私「やっぱり自販機にはないよ味噌汁」
神子「…上の階の自販機にはあるかもしれませんよ!確かめてみましょう!さあ、上行きましょう!!」
私「お、おう」

流石味噌汁ファン
でもフードコート行った方が早くね?(小声)


神子「4階へ行きますよ!」
私「あれ?上は3階じゃ?」
神子「ここが3階じゃないんですか?」

周りを見渡してみた
壁に2階と書いていた

神子「あっ、上は3階ですね」
私「(゚∀゚)b」



神子さんと階段を上っていたら突然足元が熱くなった

私「なんだか熱いなあ…」(後ろを振り返ってみる)
そこには燃え盛る炎が!

私「ファッ!?いつの間に!?」
神子「うわあ!どうなっているんですかこれ!」
私「誰かが放火したんだよ…誰がやったかは大体予想がつくけど」
神子「早く上に上がりましょう!」


誰がやったかって?
あれをやるのは清瑠さんしかいない\(^o^)/

実際に朝起きて清瑠さんに聞いてみた
清瑠「放火?確かにしたよー!ゾンビがたくさん出てきて面倒くさくなって放火した!一瞬で倒せたよ!」ドヤァ
やっぱり




3階に着いた
ここらへんで私の意識が遠のいてきた
もう少しやりたいと思って耐えていた


神子さんは自販機を探していた
神子「…4階へ行きましょう」

どうやら自販機はなかったようだ



4階へ行こうとしたら階段で朱凰さんとゾンビが戦っていた
ここから意識がぼやぼやで記憶が曖昧な模様

朱凰さんに話しかけて会話をした気がするけど会話内容あまり覚えてない

でもこの部分だけは覚えている
私「その刀ってインスタント?」
朱凰「は?」
朱凰さんの困惑した顔をはっきり覚えている

その後に「そんなわけないだろう」と否定していた
朱凰さんの刀はインスタントじゃないらしい

なんだこの質問(困惑)
きっと意識がぼやぼやしすぎてこうなってしまったんだ…



最後にあっち行け的なことを言われて3階のフロアへ入った気がする
神子さんは4階にしばらくいけないと気が付いたのか3階のフロアに入っていた
ついていった

ここで私の意識は完全シャットアウト


3階のフロアの奥に零さんがいたような気がする
どうだったのだろう…





零「お前と神子を見たから手を振ったぞ!そしたら、手を振り返していたけど覚えてないのかよ…」
言われてみればそんなことしたような…?って感じであまり覚えてない
スポンサーサイト



2017-08-27

また夢で絵を描いた

今度は零さんを描く夢を見た
再現してみた


零_

縦長構図で青空でビルのようなものが建っている絵だった
めっちゃ髪がなびいている零さんだった
ロングヘアーはいいねえ…


最近絵を描く夢をよく見るなあ…
夢の中の私からの挑戦状かな?いい度胸してやがる







そういえば2日前からmyタルパsとダイブしてデパートに立てこもってゾンビから逃げる遊びをしている
一回デパートに立てこもってみたかったんや…
ゾンビ映画みたいでスリルあって楽しいぞ!

ゾンビ映画見たことないけど




これは私が寝る前にやっている模様
なので私が寝落ちしたらその日の遊びは終了


1日目はデパートの説明してゾンビ1体倒しただけで終わった

【悲報】清瑠さん、ゾンビが登場した瞬間機関銃を乱射する
あの時の清瑠さん「あっゾンビだ!」ダダダダダダ!!!!!
一体どこから機関銃出してきたのか…
さすが清瑠さん、容赦がない


ちなみにゾンビは1回攻撃すれば倒せます


すぐに寝落ちしたからめっちゃ短く感じた
これは何分間だったのだろう…

零「2分間しかやってなかったぞwww」
まじか…





2日目(昨日)は何体かのゾンビと戦った
その時のmyタルパsとの会話を書いてみよう


エスカレーターの前で会話をしていた
ちなみにエスカレーターは動いていない

私「昨日はゾンビ1体しか登場しなかったなあ…すぐに寝落ちしちゃったし」
清瑠「今日はもう少しやろうね!」
私「はい」

会話していたら目の前にあった上り用エスカレーターからゾンビが下りてきた

私「わあ出た」
朱凰「…」シュッ!!
神子・零・清瑠・私「!?」

朱凰さんが何かを投げたらゾンビの頭部が消えていた
こわい

何を投げたのかはよく見えなかったけど多分刀だと思う


清瑠「ねえ、2階に上がってみよう」
私「えー頭部なしゾンビが残っとるやん…やだーやだーエレベーターにしようよー」
朱凰「…仕方のない奴だな」スッ

気が付くと頭部なしゾンビが消えていた
すごい
ナイス朱凰さん



2階に上がった

零「ゾンビの数少なくね?」
私「100体の設定だけれど」
零「このデパート23階まであるよな?それに広いしそれじゃつまらないぞ」
私「デパートは9階まで」
零「23階って前言っていなかったか?」
私「やっぱり9階にしたわw23階は多すぎるかと思って」
零「まあ、9階でも100体は少ないぞwww500体にしようぜwww」
私「1000体はアカン?」
零「それは多すぎるだろ!500体だ!500体」
私「じゃあ500体で」

500体に設定したら周りにいるゾンビの数が増えた


清瑠「増えたー!」


ゾンビ達はこちらへ攻めてきた!


私「ちょwwwめっちゃ来たwww」
清瑠「いくよー!」ブーメランを投げた!

複数のゾンビを倒せた
だがまだまだゾンビはいる!


私の前にゾンビが来た
私「ついにこれを出す時が来たようだな…?\テレレレッテレー/……なんだっけこの道具の名前?www度忘れしたわwww…まあとりあえずドカン!」
清瑠「大砲…?」
私「そんな感じの名前だった気がする…なんだっけ?…ドカン!」
清瑠「砲…砲……空気砲!!!!」
私「そう!!それだ!!!!!!空気砲!!!!ドカアアアアン!!」
零「なんなんだよお前はwww」

咄嗟に思いついた道具がこれだった
前日にドラえもんを見たからだと思われる



ゾンビが少し減った



私「(ずっと固まっていても面白くないな)…今の内バラバラにならない?ずっと固まっていてもねえ?」
清瑠「そうだねー」

バラバラになった
私は神子さんについた



私「神子さーん!!」
神子「ゾンビ多いですねえ…怖いですね…」

と、ここでゾンビが!!

私「あああああ!!ゾンビ出たあああああ!!!」
神子「ええ!!!??」
神子さんめっちゃ驚いていた

ゾンビが襲い掛かった瞬間ピカッと空間が光ってゾンビが消滅した
今度は私に眠気が襲ってきた!

神子「…ふう」
私「神…子さんすご…い……あかん……寝…落ちしそう…」
神子「あー!主大丈夫ですかーー!」

ここで私は寝落ちした



2日目は20分くらいできたと思う
たのしかったです(小並感)





ふと気づいた
このブログ、シリアス成分1%もなくね?
他のタルパブログには少なからずあるのに

今やっている遊びで少しはシリアス出るかな?



零「主にシリアスは無理だろwwwどうあがいてもお前はギャグwww」
\(^o^)/
2017-08-24

ネズミの夢

5日前くらいに変な夢を見た


私はお風呂に入っていた
突然水がぶくぶく泡立ってきた
泡立っている所に手を入れてみると何かがあったのでそれを掴み取った

それは喋るネズミだった
某夢の国の某ネズミではないぞ!

白色でぬいぐるみっぽい感じだった



ネズミ曰く願い事を何でも叶えられるらしい
何を叶えてもらおうかなと考えていたら場面が変わった



道路の真ん中にいた
どうやら私は友達と遊ぶために友達の家に行こうとしているらしい

しばらく歩いていると線路が見えた
線路の上には大きな箱?みたいなものが置いてあった
謎の異臭もした


線路を通らないと友達の家にたどり着かない
私はどうしようかとその場でじっと考えていた

線路の近くにいたおじさんに話しかけられた

おじさん「ここなら通れないよ」
私「いつ通れるようになりますか?」
おじさん「うーん…少なくとも1日はかかるなあ…まあ、絶対通れないってわけじゃないんだけど…」
私「どういうことですか?」
おじさん「いやー…ちょっと事故があってねえ…やっぱり先には行かない方がいいよ」


箱の近くをよく見ると赤黒いぐちゃぐちゃした何かが少し見える
ここを通るにはグロテスクなものを見なけりゃならんのか…やめておこう…友達と遊ぶのは明日でいいやと思って私は来た道を戻った


私は歩いている途中、ひらめいた
あのネズミにどうにかしてもらえばいいんじゃね?

ネズミを取り出すために鞄の中を探した
ネズミが見つかった

ネズミは29日になったら期限切れになって自身は消えると言ってきた
私はやべえ…早く使わなきゃ(使命感)と思った





ここで場面が変わった
私は自宅の最寄り駅にいた


そこには高校の友達がいた
ちなみに一緒に遊ぼうとしたさっきの友達は中学の友達


私はその友達に月曜日遊びに行かないか?と誘ってみた
友達は16時以降ならいいよと言ってきた




ここで夢が終わった
変な夢だった
そしてネズミの活躍、全くなかったな…




零「ネズミもっと活用しろよ!」
2017-08-23

ツヤツヤ

今度は朱凰さんの絵を描く夢を見た
その絵を再現した


朱凰_

黒背景で全体的に暗かった
所々光っていた

朱凰さんなのにあまりボワッ!ヒラッ!してなかった


服の質感が半端なかった
夢の中の私よ、何故あんなものが描けた?


頑張って質感を再現した
ツヤツヤ難しい





この前の人物画の講座で、座っている人物は上にもう1人乗せられるように描くといいと言われて実践してみた
朱凰さんの上に乗りたいwwwぐへへへへへへwwwと思いながら描いた

…どちらかと言うと朱凰さんは私の上に乗せたい
朱凰さんの半分の身長になれたら上に乗りたい









他に夢でこんな感じのも描いた
夢で見たやつ

何を描いたかさっぱりわからないだろう?私もさっぱりわからない



夢ではTシャツの上にペンタブを使って絵を描いていた
夢によくある謎技術

黒Tシャツの上に黒い絵をSAIのマーカーペンで描いていた
何故黒Tシャツの上に黒い絵なのか、夢の中の私よ


黒い絵だったけど所々に赤、緑、青が入っていた
すごく油絵っぽかった
ドロドロ感があった

マーカーでよくあれを描いたなあ…実際やってみたら無理でした






清瑠「現実の主VS夢の中の主!!ファイッ」
夢の中の私とか謎技術でめっちゃ強くなっているやんけ…
2017-08-22

レトロな感じ

前記事の曲のアレンジができた



続きを読む

2017-08-20

ピアノの気分だったので

ピアノオンリーで朱凰さんの曲作った



続きを読む

2017-08-20

花と神子さん

次は神子さん描くとか言ってずっと描いていなかった\(^o^)/

神子

神子さんと花の相性は抜群



今回は普通に線画を描く→色塗る→線画の色を変える→線画の上にレイヤー作って少し上から色塗るって手順で描いた
厚塗りとアニメ塗りの中間あたりになったような気がする

神子さんは厚塗りでもないしアニメ塗りでもないイメージだからなあ





線画を描くタイプは毎回レイヤー数が60枚くらいになる
これは多い方なのだろうか…

今回は神子さんだけで背景も軽いものだからこれで済んだけどもっと人物が増えたり背景が細かくなったりしたら…200枚はいくな(確信)
昔、10キャラ集まった絵を描いたら大体300枚くらいになったような…
途中でレイヤー数上限が来て結合するはめになったけど

厚塗りだと2、3枚で終わる模様



レイヤー大量のくせにレイヤー名を付けてないから肌塗ったレイヤーどこや…髪塗ったレイヤーどこや…と探す羽目になる\(^o^)/
いちいちレイヤー名付けるの面倒くさいんだよなあ





神子「なかなかいいですねえ」
2017-08-18

違う!違うぞ!!

この前髪を切りに行ったときの話


しっかり額をカバーしている前髪ってどうやってできるんだろうなあと考えていた
私の前髪の場合、額をあまりカバーしない
汗をかくと前髪がスカスカになっている模様

私「額を埋められる前髪ってどうやってできているんだ…私のだとどうやっても埋まらんぞ…汗かくとめっちゃスカスカになるぞ…」
清瑠「それってつまり主はハg私「それ以上言ってはいけない!!!!」


清瑠さん!違う!違うぞ!!

…幼稚園の入園式の写真みたらロングヘアーの子もいる中、私だけ髪が全然なかったけどさ
…小学生の頃美容院行ったら髪少ないですねって言われたけどさ


違う!私はH☆A☆G☆E☆じゃない!!!!ちゃんと生えてるわ!!
髪1本1本が細いだけや!!…と思いたい

I'm not HAGE!!!!!!!











最近、vocal曲を聴いたりアニメを見たりして、この声神子さんっぽい!とか楽しんでいる
清瑠さん神子さんに似た声はまあまあの頻度で見かける

見かけやすい順に並べると清瑠さん神子さん零さん朱凰さん


清瑠さんはロリっぽいアニメ声だからよく見かける
朱凰さんに似た声は今までで一回しか発見したことない
零さんっぽい声も意外と見かけない
神子さんみたいな声はは大人しいキャラに多いなあ


myタルパsっぽい声を発見するとFOOOOO!!って気分になる
似た声したキャラの台詞をもしmyタルパsが言ったら…とか妄想が止まらなくなる
楽しい(小並感)


myタルパsの声質を考えてどんな言葉が合うかなあと考えていた

清瑠さんには電波ソング歌詞が合いそう
神子さんはナレーションが合いそう
零さんは雑談系?の軽い感じの台詞が合いそう
朱凰さんは英語が合いそう







…声で思い出した話があった
「命にかかわるパンチをしますよ」のAAを見た

この「命にかかわるパンチをしますよ」の部分を神子さんの声で再生してみたらめっちゃ萌えた+じわじわきた
怒ったような困ったような顔の神子さんが言っている場面を想像した

これを清瑠さんの声に切り替えると一気に危険度が増す模様
神子さんの場合は命にかかわるパンチじゃなさそうだけど、清瑠さんの場合はガチで命にかかわるパンチになる





myタルパsに似た口調の文章を探して脳内再生してみるのが面白そうだなあ…
声のイメージの安定化にもなりそう

面白い文章を脳内再生したらさらに面白くなった



零「お前人の声で何してるんだよwww」
2017-08-18

毛布気持ちいい

毛布って気持ちよくね?

あまりに毛布が気持ちよかったので両腕両足でギュッと掴んで、布団の上で回転していた
布団の落ち着く香りもいい感じだった



布団の上で奇声上げながら高速回転している私をmyタルパsは上から見下ろしていた

私「おふとんちゃあああああんwww毛布もふもふやwwwひええええwww」
朱凰「さっきから主は何をしているんだ…」
私「おふとぅううううううん!!!!!!」
朱凰「よく毎回そんな頭のおかしな行動ができるな…」
※布団の上で転げ回るのは一週間に一回はしている
私「これでも10年前よりはおかしな行動が減っているんだぞ!!毛布ちゃあああんwww」
朱凰「これで減っているというのか…」
零「主の幼稚園児時代はとにかくやばい」


…私が幼稚園児だったころの話を聞いた友達全員、お前頭おかしいわwwwと言ってきたなあ…(遠い目)

・廊下でずっと寝っ転がっていて先生には注意され、同級生にはちゃんと立って!と手を引っ張られる
・帰りの会(座って先生の話を聞かなければいけない)中にずっと寝っ転がっていて注意されまくってクラスの全員がいつまで経っても帰れない
・カスタネットを叩いていて、うんたんうんたんってリズムが先生に何度説明されても分からなくてタタタタタと高速連打していた
・自宅をプールにしたいと思って水をぶっ放す
くらい誰でもあると思ったのだけど
思い出せば思い出すほど大量にこういう話が出てくるなあ…


零「やっぱ頭おかしいわ主www」

ちなみにこの話を朱凰さんにしたら、この頃のお前とは関わりたくないと言われました




しばらくお布団で回転していたら眠くなってきた

私「なんか眠くなってきたわ」
神子「今寝ちゃダメですよ!」※夕方だった
私「大丈夫、寝ないから」
清瑠「主、いつもそんなこと言って結局寝てるよね?」
私「……今回は寝ないよ」
清瑠「本当?」
私「……うん」

数分後
私「zzzzzzz…」



清瑠さんすまんな
毎回こうなってるわ




数時間後、私は起きた

私「あっ…」
神子「結局寝てしまいましたね…」

寝てしまったよ…














これは3日くらい前の話
部活帰りで雨が少し降っていた

私「雨が少し降っているなあ…」
私が外に出て数分後、雨の量がかなり増えた

私「ちょwww土砂降りやwwwなんでwww傘持ってきておいて良かったわー」
零「お前絶対雨女だろwww」
私「…確かに毎回、雨の日に外出ると雨が強くなるような…」
零「これは雨女だわwww」
私「で、でも、晴れの日に急に雨が降ったことはあまりないから…(震え声)」

私は雨女なのだろうか…?











これは普通に歩いていた時の話

私は歩くのがめっちゃ早いとよく言われる
それと人の避け方がめっちゃ俊敏らしい


前に友達2人と歩く速さで競争した
友達は私の歩き方を真似したらしいけど全然追いつかなかったらしい
100メートルくらいだった気がするけど、友達は息切れしていた
私は全然平気だった

そのおかげで、体にモーター埋め込んでるんじゃ…?とか忍者だとか言われてしまった
私はモーターなんて埋め込んでないし忍者でもありません




この日はあまり体調が良くなかった
学校へ向かって歩いていた

私「ううん…なんかだるいなあ…」
清瑠「今日はゆっくり歩こうね」
私「そうだね」

……数分後

清瑠「これゆっくり?」
私「ゆっくりだけど」
清瑠「絶対いつも通りだよね?」
私「そうか?」


10分くらいして学校に到着
いつもと同じ時間に着いていた

私「いつもと同じや…」
清瑠「やっぱりいつも通りに歩いてるー体調悪いならゆっくり歩こうよ」
私「…いつも通りのスピードでも大丈夫っぽいから多少はね?」

ゆっくり歩くって難しいんだなあ…





myタルパsは私の歩きに追いついてる
むしろ零さんは私の前にいることが多い
朱凰さんは横
清瑠さんは少し後ろか横
神子さんは後ろ


清瑠さんは時々テレポートしている
神子さんは後ろが落ち着くらしい




清瑠「主はいつでも高速だなあー」
2017-08-16

ずっと作っていた

ブログ更新を一週間もサボっていた理由:Boriと清瑠さんのゲームを作っていたから
まったり系ゲームやで(にっこり)
未完成だがな!!



5月のテスト期間中、私は妄想をしたんだ…清瑠さんがBori狩りをするゲームを
そこで私はあれを思いついた
あれとは…私が中1の頃一回挑戦して途中でわけわかめになって挫折してしまったものだ
その名は東方弾幕風という東方風シューティングゲームを作れる・遊べるソフトである
妄想を実現してやろうと思ったのでテスト明けこれをやろうと計画した

テストが明けて早速私は弾幕作りを始め…ようとしたけど、やらなければいけないことが多くてできなかった
講座動画は少し見ていた模様
6月になってやっと弾幕作りできると思って始めたけど、翌日はテスト2週間前だった


結局私はBoriの弾幕スクリプトを入れる用のフォルダを作っただけであった



7月のテストが終わり、弾幕作りに取り掛かるかと思いきや、私は音楽と絵に夢中だったので取り掛からなかった
夏休みに入って8月、ようやく弾幕の気分になった



最初に1面ボスの弾幕を作成した
関数素材と講座動画のおかげで1面ボスの弾幕は完成した
中1の頃よりはスムーズにできた

背景やらBGMやらはまだ入れていない模様





次に私は清瑠さんの自機を作りたくなった
ネットで自機作成テンプレートを見つけたので即ダウンロード
参考用の自機スクリプトも何個かダウンロードした


最初にドット絵やらショット画像やらを描いた
これはまあスムーズにできた
スクリプトもテンプレートがあったのでどうにかなった

大まかな部分が大体完成して、私は細かい所に凝りたくなった
低速時に出てくる白い魔法陣みたいなやつとか自機の周りにある回転するオプションとか


他人のスクリプトをめっちゃ参考にして白い魔法陣の方は設置できた


オプションは自力で設置したけど高速→低速に切り替えるときのぬるっとした動きが再現できていない
だから低速ボタンを押すとそのまま自機の前にオプションが表示されるだけなのでカクッとしている\(^o^)/

オプションがぬるっと動く自機スクリプトを見たけど何これ意味わからん状態だった
謎の計算式が大量にある…(´・ω・`)

やり方がわかったら直すことにした
果たして直るのだろうか?





ボムはエフェクト多様して派手な感じにした
これは自力でどうにかなった
清瑠さんっぽくダイナミックな感じや…





自機の作成に4日かかった
清瑠さん以外のmyタルパsの自機も作りたいと思っている
1機できたから2機目以降はスクリプト使い回しで作りやすくなるかしら


神子さんはバランスタイプ
零さんは攻撃範囲広め
朱凰さんは移動速度速め
でいきたい


でも全員作れる気がしない
私はいつまで弾幕の気分でいられるのだろうか…






追記にこの一週間で作ったやつのスクリーンショットを載せておいた
10枚載せているから多分重い

続きを読む

プロフィール

デザイア

Author:デザイア
性別 ♀

タルパ関連の事を書いていきます

タルパ
・神子(2014年 1/14誕生)
・零(2014年 2/20誕生)
・朱凰(2014年 5/8誕生)
・清瑠(2014年 7/11誕生、10/6邂逅)
と一緒に暮らしています(一応全員仮名)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR