FC2ブログ
2018-02-20

4歳と17歳

誕生日おめでとう、零さん
誕生日おめでとう、自分


零(4歳)…ついに零さんも4歳になったぞ!時の流れこわい
私(17歳)…あと3年で成人やんけ…時の流れこわい




零さんへの誕生日プレゼントどうしようかと悩んでいた
いつも絵だしなあ…違うものがいいかしら

最近オムライス食べたいって言っているし、オムライス一緒に食べようかな…
零_

今日は誕生日だし、ゆっくりしたい…が、
受験休み、あと1日で終了やんけ…課題何もやっていないぞ…
で、でも実質…木・金は学校があってないようなものだからセーフ(震え声)
月曜日までにやっておけばどうにかなるか…?


それはともかく、今日のイベント?会話?


朝、神子さんに「お誕生日おめでとうございます」と言われた
一番最初に祝ってくれて嬉しかったです

その次に清瑠さんが「誕生日おめでとう!!」と言ってきた
やったぜ

まあ、この時間って神子さんか清瑠さんしか起きていないからなあ…
零さんは寝ているし、朱凰さんは寝る時間だし


2度寝して10時くらいになった時、零さんが現れた
私「零さん、誕生日おめでとう」
零「あ、お前もおめでとう」
一言ずつ会話しただけなのにまた眠気が襲ってきたため3度寝
起きたのは15時朱凰さんが起きる時間より遅いだと…

頭がぼんやりするなあ…何時間寝たんだろう



起床して、改めて会話をした

零「さっき誕生日パーティーをやってきた」
私「ほーん、で、どうだった?」
零「楽しかった」
私「感想それだけ…?零さんっていつも同じような感想だよね」
零「うるせー!お前だって似たようなものだろうが!お前に語彙がなさすぎるせいだぞ!!」
私「えっ…私のせいなの…零さんもう少し語彙力吸収してー」
零「お前の脳内から語彙を引き出しているんだからお前が吸収しないとな!」
私「チェッ…」


私「で…、誕生日パーティー何食べたの?」
零「ケーキ」
私「零さん、ケーキ食べるんか…」
零「食べるぞ!甘い物は嫌いってわけじゃないからなー」
私「神子さんは食べていなかったような…そういえば神子さん甘い物ダメだったな」

ちなみに私はケーキ食べないです
好きじゃないです




そういえば、まだ朱凰さんと会ってないなーと思って呼び出した
朱凰「なんだ…」
私「あら、お早い反応で…」
朱凰「何の用だ」
私「ねえ、今日は何かない?何かない?」
朱凰「…今日は何があるんだ」
私「スッ…」(自分を指さす)
朱凰「?……ああ、誕生日だったな…おめでとう。……これでいいだろう?」

私「…もっと、何かない?」
朱凰「何もない」
私「もっとおめでとうって言ってー何回も言ってー」
朱凰「おめでとうおめでとうおめでとう(以下略)………言ったぞ」(棒読み)
私「…棒読みだ……ねえ何かないの本当に…」
朱凰「だから何もないって言っているだろう!」
私「えー、それじゃ今度の朱凰さんの誕生日何もあげないよーいいのー?」
朱凰「別にそれでいい」
私「…それは私が困るな(誕生日何かあげたい)」
朱凰「何なんだお前は…」

私「朱凰さん、可愛いなあ…」
朱凰「我と会うたびに言うな、それ」
私「…朱凰さんおいしそう」
朱凰「訳が分からなくなってきたから帰るぞ」

帰られた
朱凰さんとはウザさ倍増させて会話するくらいが丁度いい






また零さんと会話した

私「今日は何する?」
零「んー、今日は遊ぼうかな」
私「私も遊びたい」
零「ダメ!お前は勉強!テスト2週間前だろ!」
私「えー」
零「ブランコとかで遊びたいな」
私「ブランコ?」
零「空中ブランコがいいな」
私「あれ、面白かったなあ…」


ここで突然の腹痛が襲って、トイレに籠った

私「…あと数分で私の生まれた時間や!自分の17周年をトイレで過ごすとか…」
零「まあそれもいいんじゃねwww?」

ギリギリ、誕生時間の2分前でトイレから抜け出すことができた
私の17周年はPCの前で過ごすこととなったのだった…



私「そういえばさ、神子さんと清瑠さんって今何してんの?」
零「ああ、あいつらは私のパーティーに来ているぞ」
私「パーティーに味噌汁あるんか?」
零「ない」
私「神子さんどうしてるんだ…」
零「あいつ味噌汁以外も食べるぞwww」
私「まじか」
零「前にチョコ食べているの見ただろ!」
私「あー……、清瑠さんは…」
零「食用Boriなんてない!」
私「まあ清瑠さんは大丈夫だな」




私「…オムライス食べたい?」
零「勿論食べたいに決まってんだろ!」
私「パーティーで食べてないの?」
零「食べたけど、実物が食べたい」

オムライス決定やな(確信)



オムライスについて考えていたらオムライス食べたくなってきた
そういえば朝昼何も食べてないな

零「お前もオムライスの魅力に気づいたか!」
でも食べたら、もうしばらくいいや…って気分になりそう
スポンサーサイト



2018-02-17

収穫の時間

食用Bori収穫

清瑠「食用Bori捕まえちゃうよー!」


食用Bori収穫の清瑠さんを描いた



最近デフォルメにハマっている
デフォルメ良くね?

…清瑠さんの無邪気な表情に狂気を感じてきた
目にハイライトがないおかげで余計に…
でも元々狂気じみているしこんなものなのかな


個人的に、神子さん(味噌汁モード)と清瑠さんには狂気を感じる\(^o^)/
食べ物って怖いなあ…(遠い目)







そういえばもう少しでテストか…2週間後か…
でもこのテストを終わらせれば、もうあんな大量の教科を勉強する必要がないな…
めっちゃどうでもいいつまらんもののほとんどから解放されるぞ(゚∀゚)




清瑠「私、そんな狂気じみてないよ!」
十分狂気じみていると思います
2018-02-16

チョコレートたっぷり

バレンタインデーだったので友達からチョコレートをたっぷり貰った
甘い物が得意じゃない私は1日で完食できず

貰ったチョコレートをmyタルパsと一緒に食べた話を書こうと思う




学校が終わって帰宅後、手洗いうがいを済ませて、貰ったチョコレートを食べる準備をした
食べる前に…とmyタルパsを呼び出した


私「チョコめっちゃ貰ったんだけど皆食べる?」
清瑠「うんっ!!食べるっっっっ!!!!!!」

即答だった
流石清瑠さん


零「おっ!チョコかー!じゃあ食べるか!」
神子「私も…!」
零さん神子さんも乗ってくれた

3人を横目に朱凰さんが反応した
朱凰「……我はいい」
私「えっ本当にいいの?」
朱凰「いい」
私「えーえー本当に???」

清瑠「ねえ早く食べようよー」
私「あっ!じゃあ食べるか!どれから食べる?」
清瑠「それ!」(生チョコが入った袋を指差した)


私「好きなの取ってー」
袋から中身を出して紙の上に並べた

清瑠さんが素早く取った
清瑠「!!美味しいねこれ!」
零「んー…甘いなー」



私も食べてみた
甘かった
触感が柔らかいから甘味が口の中全体に広がって更に甘く感じた

朱凰「……やっぱり食べるぞ…」
私「おー食べるかー」
朱凰さんには是非食べてもらいたかった




私「次はどれ食べる?」
零「そろそろクッキーがいいな」

クッキーの入った袋を開けた

清瑠「んー……素朴!」
零「あまり甘くないな」
神子「甘さ控えめですね」

このクッキーはシンプルで、丁度いい甘さだった




私「次は…そろそろこれを食べてみよう」
これとは…友達の手作りガトーショコラのことである
友達曰く、今までで一番上手くできた・市販のより美味しくできたそうだ
あまりにも友達が自信満々なので味が気になっていた

早速食べてみた
予想以上の甘さ・濃さでウッ…となってしまった
甘い、甘すぎる…

清瑠「これも美味しいねー!でも市販のより美味しいかは…」
零「甘いな…!尋常じゃなく甘い」
神子「これは…うーん…」
朱凰「まあまあだな」

零さんと神子さんには不評だった


零「口直しにさっきのクッキー食べようぜー」
零さんに言われて甘さ控えめのクッキーを食べた
甘々な口の中が少し治まった気がした




次々とチョコを一袋一つずつ食べて、全ての味を把握した
私「これで全部かー…どれが一番美味しかった?」

清瑠「うーんうーん……全部美味しかった!!!」
清瑠さんならそう言うと思った
なんでも美味しい言いそう


零「クッキーが一番だったな」
神子「私も素朴なクッキーですね…甘い物は苦手なので…」
私もクッキーが一番でした
というか、神子さん甘い物ダメやったんか(驚愕)


私「神子さん甘いのダメだったの…」
神子「そうですね…やっぱり味噌汁がいいです」
私「味噌汁はしょっぱい系だからかーそうかー」
零「オムライス食べたいな…」

オムライスはここ1年くらい食べていない気がする
今度食べよう…



私「朱凰さんは?」
朱凰「…これだな」(甘々ガトーショコラを指差した)
私「まじか」
朱凰「これくらい甘い方がいい」
私「(朱凰さん、最近薄々と気づいていたけれども甘党だったか)」

朱凰さんの好みが分かるまで約4年かかった
2週間前くらいにイチゴミルクを朱凰さんにあげてみたら、イチゴミルクが好きとまで言われたことを思い出した
そういえばこれも記事にしようとして結局忘れてしまったネタだなあ…

こんな感じに忘れ去られてしまっているネタが結構ある模様
思い出したら書くスタイル





チョコレートを何個か食べたらお腹いっぱいになった
もうしばらくチョコはいいや…って気分になった
毎年バレンタインデーはこうなっている

神子さんが甘い物苦手なのと朱凰さんが甘い物好きなのが分かってよかったです



myタルパsの好きな食べ物で一番私がよく食べる(飲む)のは味噌汁だなあ…
そういえば、清瑠さんの「特に」好きな食べ物(人間が食べられる・現実に存在している)って何だろう
食べ物だと何でも好きそうなので、あえて「特に」を入れた


清瑠「炊き込みご飯が好きかなー」
そういえば前に炊き込みご飯を食べたとき、結構気に入っていたなあ
2018-02-14

チョコレート味

バレンタインデー版マカロンBori

バレンタインデー限定のマカロンBori(チョコレート味)
豪華な脚付き版!




ちょっとセクシーな感じになった
足のハイライトとハイヒールが原因かと思われる

何気にバレンタインデーのBoriは初
Boriは毒入りチョコレートを生産してまき散らしていそう
バレンタインデー(Boriの数が一気に減る日)




Bori「チョコレートあげるよ!いつもありがとう♡♡(ケケケケケ…やっとコイツを殺れるな)」
ロングBori「こちらこそありがとう♡♡こちらからもあげるよ!(ヒヒヒヒヒ…これでコイツの顔は二度と見ることないな)」

Bori「(さてコイツのチョコレートを食ってやるか)……キャー(死亡)」
ロングBori 「(もう二度と会わないしチョコレートくらい食ってやるか)……キャー(死亡)」


マカロンBori「計画通り(にやり)」
これを見てほくそ笑むマカロンBoriであった…




なんていうストーリーを妄想していた






零「マカロンBoriは何者なんだwww」
清瑠「バレンタインデーってこんな恐ろしかったっけ?」


myタルパsのバレンタインデー関連話もあるからそれは次の記事で書こう…
2018-02-11

ほうき

1月の下旬あたりに朱凰さんの夢を見た
めっちゃ短い夢だった



舞台は学校だった
私は同じ部活の友達2人と廊下で共同作業をしていた

その時に朱凰さんと脳内会話をしていた
会話内容はあまり覚えていないけど、作業に関することだった気がする

朱凰さんは私の後ろにいて、作業しているところを観察している感じだった


私はふと思った
もしこの2人(友達)に朱凰さんが見えたらどうなるんだろう…

そんなことを考えていたら、友達の1人が朱凰さんに話しかけた
「あっ!ねえねえ、作業手伝ってー」と言って朱凰さんにほうきを渡した

朱凰さんは渡されたほうきを見ながら無言のまま固まっていた
少し困惑している表情だった
まさか本当に友達に朱凰さんが見えるとは思わなかったので私は唖然としていた


私「なんで(友達に)見えているの?」
朱凰「…知らん」
こんな会話をして夢は終了した

朱凰さんがほうきを使うところまで見たかったです(切実)





ほうきを持った朱凰さんが可愛かったからデフォルメで描いた
困った朱凰さん
デフォルメの全身絵の場合、背景を透過するといい感じになると思うんだ…

ちなみに、この朱凰さんの夢を見る3日前くらいにmyタルパsが全員出てきた夢も見た
内容はあまり覚えていないけど、皆で反乱を起こして戦う夢だった気がする
たのしかった(小並感)








そういえば、零さんのドット絵ができた
snapshot024b.png
こんな感じにった
髪がボワッと動くぞ!

背景はまだできていないので朱凰さんの夕暮れ背景を使用中
零さんは昼の背景にする予定
青空にしなきゃ(使命感)




零「弾幕も頑張ってくれー」
青いレーザー使おう…
2018-02-10

扉の必要性

久々のBoriストーリー


ゴミ捨て面倒くさい
Bori「ゴミ捨て面倒くさいよ!ゴミ捨て場遠いよ!」



ロングハウス発見
Bori「ロングBoriハウスだ!……おっ?(何かを閃く)」



ケケケケケ
Bori「ゴミ捨て場まで行くの面倒くさいからここに捨ててしまえ…ケケケケ…」




閃くBoris
Bori1「ゴミ捨て面倒くさい」
Bori2「ゴミ捨て面倒くさい」
Bori3「ゴミ捨て面倒くさい」

Bori「ゴミ捨て終わったよ!やったね!」

Bori1,2,3「こ れ だ」

Bori4,5,6,7,8.......「おっ!?」





ロングの悲劇
ロングBori「キャー!!!!!!!!!ロングハウスがあああああああ!!!!!!!」
Boris「扉がないのが悪い」


扉は大切だぞ!!!






零「いつものBoriだなw」
Boriの日常
2018-02-03

差し替えた

ずっとゲーム作成していたら更新の頻度が下がってきた\(^o^)/

夕焼け_

夕焼けを描いた
幻想的な感じになった

オレンジ色って扱いが難しいような気がするのは私だけ?





前に作った朱凰さんのゲームの背景を上の絵に差し替えた
snapshot020b.png
背景にしては目立ちすぎたので彩度やらコントラストやらをいじった
いい感じになった


そういえば、食用Bori自機もいじった
キャー
被弾した時に悲痛な叫びを表示するようにした





なんとなく今まで描いたゲーム用立ち絵をシルエットにしてみた
朱凰_シルエット  清瑠_シルエット



凶悪マカロンBori_シルエット

ロングBori_シルエットBori_シルエット


Boriの 圧 倒 的 雑 魚 感
一応ラスボスです(震え声)
人型で髪も服もないとこうなるんだなあ…
ロングBoriの方が強そう





零「早く私のを作ってくれよー」
朱凰さんのが9割くらい完成したから次は零さんのを作る予定
Boriも作らなきゃなあ…これ、完成するのかしら
プロフィール

デザイア

Author:デザイア
性別 ♀

タルパ関連の事を書いていきます

タルパ
・神子(2014年 1/14誕生)
・零(2014年 2/20誕生)
・朱凰(2014年 5/8誕生)
・清瑠(2014年 7/11誕生、10/6邂逅)
と一緒に暮らしています(一応全員仮名)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR