FC2ブログ
2019-07-30

スタイリッシュBori

前記事のBoriモデルがとりあえず踊るようになった
ついにYoutubeに限定公開で動画上げてしまったぞ…




続きを読む

スポンサーサイト



2019-07-29

再開

大分前に作ったBoriのモデル作りを再開した
土日はずっとこの作業だった

とりあえず、一応動かせるところまで作れた(きれいに動くとは言ってない)





続きを読む

2019-07-24

休みのような休みじゃないような

夏休み、本当は8月からなのだけど、私の学科だけ先週から休み状態になっている
つまり必修授業がもうない

かといって一般教養の授業が残っているから、もう夏休みかといえばそうでもないけど
午前の必修授業がなくなっても、午後の一時間のためだけに行かなきゃいけないからこれはこれで面倒臭いという…一般教養の授業の方が出欠に厳しいし

他の学科は31日まで授業があるらしいのに何故…



まあ元々、出席確認も一か月に2、3回しかしないガバガバ学科だからこんなものか…
指定日までに作品が出来ていればいいって考えっぽいから、制作期間は遅刻しようがサボろうが何してもいいって状態になっている
本来の授業開始時間は9時からなのに、私の学科の場合10時以降じゃないと教室に人がほとんどいない
逆に言うと、作品が全てで毎日しっかり来ていてもそれは評価に入らないということだけど

私?私は9時までには教室にいるで(にっこり)
ほぼ毎日10時以降に行くとかそういう生活していると、たまにある出席確認ありの日に遅れそうだからなあ…
なお制作期間終盤はやることがほとんどないから遅れて行く模様




そういえば、明日・明後日はテストだけど、テスト範囲が短くてそんなに勉強する箇所がなかった
高校より全然範囲が少ないし科目も2つだけ…説明する問題はキーワードの候補まで教えてくれるという…
レポートも1000字以下でOKのやつが多かったなあ…1つだけ3000字あったけど
高校より楽なのか…?

そして無事に単位もらえるかな?
出席は…学生証タッチする機械がバグってデータ消えていたとかなければ絶対大丈夫なはず…


今週のテスト頑張れば2年ぶりの普通の夏休みだな…
去年は予備校三昧の夏休み、一昨年も去年とまではいかないけど夏期講習があったし(遠い目)
今思えば、去年の自分の生活はひどいものだったなあ…




学校関連の話はこれくらいかなあ…
ここからは最近思ったことだけど…今月、タルパブログの閉鎖多くね?(唐突)
自分が知っている範囲だと、3件くらい閉鎖されている

閉鎖までいかなくても、更新頻度がかなり下がったり…
何があった…

まあ3年以上続いているブログってレアだしこんなものなのかなあ…
そして3年以上タルパネタだけで生きているブログはもっとレアな気がする…というかあるのか…?

あとは…何かしらの事情によって一時休止からの消滅も多いような…
鍵ブログ化して休止って方法取っているブログも結構あるけど、一向に復活する気配がない
一生復活しないんか…?とも思ってしまうけど、ちょっと復活の期待もしていたりするからリンク残している



とりあえず、何か知らんが5年間続いたこのブログってレアなんだなと思いました(しみじみ)
なんで続いたんだろうか…やっぱりBoriパワーかな(錯乱)
ブログ作った当時は中学生だったのにいつの間にか大学生という…時の流れこわい




タルパブログ閉鎖に加えて、タルパwikiもなかなか荒れているなあ…
Twitterのタルパ界隈とかよく分からんな…でも何となく自分には合わないと思っている
なんというか、ブログより人との距離が近いせいでじめっとしている感が拭えない
…偏見っぽくなるけど、メンヘラ系の病んでいる人と中高生が多い印象

まあ絡みを重視したいって人にはブログより最適なのかもしれない
興味本位でタルパ垢見ていて、閉鎖したor更新がないタルパブログの人を何人か見つけてしまった
結構な頻度で呟いていたから、ブログよりTwitterの方が合っていたんだろうなあ




以上最近思ったこと
ダラダラと書き連ねていったけど、たまにはこういう記事もいいか

2019-07-21

スカイダイビング

ようやく清瑠さんとスカイダイビングができた
…スカイダイビングっていうのか?あれは

それはともかく、Boriフルに清瑠さんと二人乗りして楽しんだ
なお途中で天候が悪くなって短時間しか楽しめなかった模様
まあでも、久しぶりのダイブで脳への負担が大きかったからこのくらいが丁度良かったかな…



以下記録


草原で清瑠さんと待ち合わせをした
最初は森で待ち合わせの予定だったけど、久しぶりのダイブ&情報量が多すぎで頭がパンクしそうだったので草原に代えてもらった

清瑠さんは想像したよりも大きなBoriフルを持ってきていた
私「思ったよりデカい…」
清瑠「二人乗り用だからね!一回り大きいよ」
私「ふーん、二人乗りかー」
清瑠「一人より安心でしょ!」
私「確かに」

清瑠「早く乗ってー!早く早く!」
私「これ大丈夫なの?落ちたりしないよね?」
清瑠「大丈夫大丈夫!意外と安全」
私「でもこんなツルツルだしなあ」

Boriフルの表面がツルツルすぎて、斜めの軌道に移動した時に落ちてしまうんじゃないかとか考えてしまって躊躇していた


清瑠「大丈夫だってばー!早く!」
私「うん」
清瑠「しっかり掴まってねー」
清瑠さんのお腹あたりに両腕を回してしがみついた

私「あっ、手綱ついているんだ…(絵、描き忘れたぞ…)」
清瑠「ついていた方が扱いやすいからねー」
私「ほーん」
清瑠「じゃあ行くよー」

Boriフルがふわっと浮いた
どういう原理で浮いてるんや…

私「てっきり、崖とか高い所から落ちて飛ぶものだと思っていた」
清瑠「いやー、そのままでいけるよ」
だから草原とか森で待ち合わせでも大丈夫だったのか…



そしてしばらく低空飛行していた
私「雲をバーンッって突き抜けないの?」
清瑠「主がもう少し慣れてから」
私「確かに慣れてからの方がいいね」

数分後
清瑠「じゃあジェットコースターしよう!」
私「え?????」
清瑠「高いところから低いところへドーンして、くねくねするんだよー」
私「えっ」
清瑠「じゃっ、行くよー」
Boriフルが上を向いてどんどん高いところへ…

そして辿り着いたところは雲だらけ
清瑠「一気に落ちるよー」
私「」
今度はBoriフルが下を向いて、本当に一気に落ちた
風が冷たかった

私「あああああああ地面がああ」
清瑠「大丈夫大丈夫!今度は上に行くよー」
地面スレスレのところで方向転換して、激突せずに済んだ
だがしかしジェットコースターは終わらない…

清瑠「もう一回ジェットコースター!」
私「もう一回…」
さっきまでゆっくり上へ移動していたのに、どんどん加速していく

私「あああああああああ!!!!」両腕で清瑠さんを力強く締め付けてしまう
清瑠「ちょっ!主!!痛いよ!!!締め付けないでー!」
私「だってー!あっ…」一旦停止したから力が緩んだ
清瑠「ふう…」
私「…一旦休憩!!!」
清瑠「…休むの?分かったー」

何だかくらくらしたので少し休憩した
…私の締め付け被害者が2人目に(1人目は朱凰さん)
朱凰さんの時は私が一方的にやってしまったことだけど、今回は清瑠さんにも原因があるぞ…
とてもスリルがありました(小並感)




落ち着いてきたので再開
私「続けよう!」
清瑠「あっ、斜めに飛んでいなかったね!じゃあ今度はそれやろう!」
私「(落ちたりしないかな…)」

私「(意外と大丈夫だと…でもこの感覚はちょっと怖い)」
清瑠「いよいよ雲突き抜けちゃうかー」
私「ようやく突き抜けだあ!」
清瑠「ここはちょっと雲が薄いかなー?良さそうな雲ないかなー」

清瑠「ここがいいかな?じゃ、雲突き抜けするよ」
私「OK」
スピードは結構あったけど、ジェットコースターよりはマシだった
少し慣れてきたのか、結構楽しめた
ひんやりしていて今の季節にはぴったり



しばらく2人でノリノリになっていたら、急に雲が黒っぽくなった
清瑠「天気が怪しいねー」
そして途中でビリッ!!って電気?が走ったような音がした
積乱雲?それともダイブ界特有の雲?よく分からん

私「なんかビリッっていったよ!?」
清瑠「んー、遠くへ離れてみるかー」
どれだけ移動しても雲は黒い…

清瑠「あー、これは無理そう!今回はこれで切り上げかなー」
私「そうかー…ちょっと時間置いてもう一回やる?」
清瑠「私はこれで満足だよ!」
私「そう…じゃあこれで終わりで」
清瑠「今度は一人で乗ってみる?」
私「一人でかあ…ちょっと怖いな…」
清瑠「大丈夫大丈夫」

最後はこんな感じの会話をして寝落ち



1人乗り、自分のペースで動かせるから意外と怖くない…?
いやー、にしてもジェットコースターは死ぬかと思った(真顔)

清瑠「今こうして無事なんだし、いいじゃん!」
私「えぇ…(困惑)」

清瑠さんの「大丈夫」は結構適当だったりして(戦慄)
2019-07-15

版画なBori

追記に版画Boris
Boriといっても食用Boriの方だがな!



続きを読む

2019-07-15

自作絵の具

久しぶりにBoriの4コマを描いた
ようやくレポートが全部終わったから少し余裕ができたぞ…
なおテスト勉強



大芸術家Bori
自作絵具で抽象画を描くBori




後日談
後日談
復活のロングBori





零「狂気に満ちてんなwww」
Boriだからね、仕方ないね


近日中にもう一つBori記事を投稿する予定
…というかそろそろ清瑠さんとスカイダイビングしなきゃ(使命感)
清瑠さん誕生日当日は眠すぎて、他の日にパスしたのだけれど、まだやっていない
そのせいで、スカイダイビングまだー?と事あるごとに聞いてくる

ちゃんとやるから落ち着いてください(切実)
2019-07-11

BOOM!!!!

清瑠さんおめでとう
ついに清瑠さんも5歳

そしてこのブログも先週で5周年


boom!!!.png
Boriフルで雲に突っ込む清瑠さん
楽しそう(小並感)

アニメ風で描いてみた
アニメ塗りは何となく分かってきたけど、今だに背景がよく分からん
でも今回は背景と人物が馴染んだと思っている



実はこの絵、清瑠さんには完成まで見せない予定だったけど、描いているときに見られてしまった
サプライズが…まあいいか


清瑠さんが今日したことは食用Bori食べまくりらしい
毎日してることや…
いつもと違うところは、特大のBoriを収穫して食べたってことらしい
確かにいつもは小さめのBoriだな…



清瑠「今日は一緒にスカイダイビングしようね!」
スカイダイビングに誘われてしまった
清瑠さんと一緒にBoriフルに乗って雲を突き抜けるのか…楽しみだ…
2019-07-07

魅せられてしまった

レポートを書くために、東京国立博物館へ作品を見に行った
午前授業終わりに大学から行ったけど、結構時間がかかった
一応東京って位置にある学校だからね、仕方ないね


1時間半くらいでようやく到着した
建物の外観がめっちゃかっこよかったから撮った
IMG_20190706_154728.jpg

左側には洋風な建物があった
IMG_20190707_062431.jpg
上野はこういう、洋風な建物をよく見かけた…結構好み
洋風な見た目といえば、東京駅の外観も好きだなあ…
何というか、大量のビルに囲まれているのが異質でいい




博物館では、日本の美術作品を見た
学校の特典で入場料無料で入ることができた

好きな作品を1つ選んで感想を書くレポートだから、一通り回って好みの作品を探した
焼き物の展示を見ていたけど、何だか形が歪んでいるのが多くて、好みのがなかなか見つからなかった
授業では、形の歪みに芸術性を見出したとか言っていたけど、自分的には好きじゃなかった

形が整っていて模様が綺麗な磁器にすることにした
陶器が多くて、磁器はそんなに展示されていなかった



最後に、ショップコーナーに行った
色々グッズがあったけど、中でも埴輪のグッズがかなり充実していた

そこにあった埴輪ぬいぐるみに魅せられてしまった
手に取った瞬間、ビビッときた
触り心地があまりに良すぎて…毛布をきめ細やかにした感じで、ふわっふわっだった
そして握ったときのフィット感…

ああもうこれ、買わなきゃいけないやつや…と思ってしまった


値段を見ると2000円で、一旦保留にした
絵の具6本かキャンバス1つ買える値段

とりあえず、もう一周展示を回って、しばらく買おうか買わないか考えていた
やっぱり埴輪ぬいぐるみのふわふわ感が頭から離れなかった
零さんにも、そんなに気に入ったなら買っちゃえよと言われた

あんな気持ちいい材質体験したら買うしかないな(確信)
結局、触感の魅力に負けて買ってしまった
ぬいぐるみを欲しいと思ったのは10年ぶりだな…

まあ今月は多分絵は描かないだろうから…



そしてこれが例のぬいぐるみ
20190706_195939834.jpg

IMG_20190706_200105.jpg
値段相応の繊細な材質

もう一体、もう少し色が濃くて一回り小さいのがあったけど、このぬいぐるみと同じ値段だったから、大きい方のこっちを選んだ
それと、小さい方は頭に耳?が生えていて、頭のすべすべふわふわ感を感じづらかったからやめたってのもある



20190706_201151510.jpg
ベッドに横にしておいた
寝ながらテレビ見ている人のポーズになった




おまけ
IMG_20190706_200658.jpg
何となく携帯に標準でついていたフィルターをかけてみたら、シュールな感じになった



埴輪ぬいぐるみ、買ってよかった
ふわふわ感が満喫できるぞ…

レポートの最後に、とても気持ちいい埴輪のぬいぐるみを買えて満足だったと書きたいレベル




神子「埴輪、いいですねえ…」
清瑠「結局買ってよかったねー」


プロフィール

デザイア

Author:デザイア
性別 ♀

タルパ関連の事を書いていきます

タルパ
・神子(2014年 1/14誕生)
・零(2014年 2/20誕生)
・朱凰(2014年 5/8誕生)
・清瑠(2014年 7/11誕生、10/6邂逅)
と一緒に暮らしています(一応全員仮名)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR