FC2ブログ
2016-11-26

食用Bori狩り

私「清瑠さんってどうやって食用Bori採ってるの?」
清瑠「こうしてこうやってどーーん、だよ」

文だけだと全く分からないので絵を描いた
こういう感じらしい
食用Boriを追いかける清瑠

虫取り網で食用Boriをどーーーーんと採るらしい
食用Boriはよく逃げるらしい


清瑠「この絵みたいにフルパワーで採ることは少ないよ」
私「いつもはどのくらいのパワー?」
清瑠「この絵より少し優しいくらい」


この絵はドゴオオオオオオンって感じだから、少し優しいのはボオオオオンって感じかなあ…
清瑠「違うよ!ポオオオオオオンだよ!」









一昨日雪が降っていた
めっちゃ寒かった
本当に11月?と思ってしまった


学校に行くときの話

清瑠「わー、雪だー」
私「ああ…電車が行ってしまう…」
神子「今日はゆっくりいきましょうよ」
私「早く行かんと遅刻しちまう」
零「あの急な坂を走るのか?転んで死ぬぞwww」
私「じゃあ走らない!早歩きで」

いつもはダッシュだけど、この日だけはダッシュしなかった
ダッシュすると零さんの言う通り転んじゃう
最悪死ぬ


早歩きでガシガシ進んでいたら溶けた雪を思いっきり踏んでしまい、靴が濡れた
靴下までは濡れてなかった



私「制服が雪まみれやwww周りの人何故か全然雪まみれじゃない\(^o^)/」
清瑠「傘のさし方が悪いんじゃない?」
私「そうか?普通にさしとるよ」
清瑠「じゃあなんで雪まみれなの?」
私「知らん」

駅に着いたとき、制服は雪色だった


私「鼻水が…」
零「かめよwww」
私「傘持ってるしティッシュは鞄の奥底で取りづらい…」
清瑠「じゃあ学校着いたらかもう」
私「そうするわ」

寒いとめっちゃ鼻水が出る
そして鼻が痛い


神子「今日はいつもよりスピード落としましょう?」
私「落としているよ」
朱凰「何故後ろの行列と距離がかなり空いているんだ」
私「後ろの行列の歩く速度が遅いからだよ」
清瑠「主が速いんじゃなくて?」
私「私が速いってわけではないと思う。今日は結構減速してるよ」

いつもより減速しているのにもかかわらず、学校に着く時間はいつも通りだった

清瑠「雪おいしそう…」
私「食べるなら上から降ってきたので」
清瑠「冷たい…!朱凰も一緒に食べる?」
朱凰「…いやいい」
私「口開けて雪食べながら歩いていた小学生の頃の思ひ出」
零「食ったのかよwww」
神子「やりそうですね…」

雪はうまかった




学校が終わって帰る頃には雪が止んでいた
朝積もっていた雪もほとんど溶けていた

清瑠「わあ~サクサク…」
清瑠さん、わずかな雪の上を歩く


私も雪の上を歩いてサクサクを楽しんでいた
途中で滑りそうになった





清瑠「また雪降らないかなー」
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

デザイア

Author:デザイア
性別 ♀

タルパ関連の事を書いていきます

タルパ
・神子(2014年 1/14誕生)
・零(2014年 2/20誕生)
・朱凰(2014年 5/8誕生)
・清瑠(2014年 7/11誕生、10/6邂逅)
と一緒に暮らしています(一応全員仮名)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR