FC2ブログ
2017-08-29

味噌汁を求める

ゾンビから逃げる遊びをするためにまたダイブをした
続きから始めるために前回最後にいた場所を思い出した

前回の最後は神子さんと衣料品売り場に一緒にいた



私「神子さん!続きやろう」
神子「はい!このあたりはゾンビがいませんね」
私「本当だーさっきは結構いたのに」
神子「向こう行きません?味噌汁がある気がします!!」
私「え?神子さん、ここ衣料品売り場だよ?」

しばらくすると階段が見えてきた

神子「デパートの階段がある場所って自販機ありますよね?そこにもしかしたら味噌汁が!!」
私「????自販機に味噌汁なんて売っていたか…?」

コーンポタージュなら売っているのを見たことがあるけど、味噌汁は見たことがない



階段の所へ行ってみた
自販機があった

神子「自販機ありましたね!うーん、うーん」
自販機に味噌汁があるか確かめていた

神子「ありませんでした…(´・ω・`)」
私「やっぱり自販機にはないよ味噌汁」
神子「…上の階の自販機にはあるかもしれませんよ!確かめてみましょう!さあ、上行きましょう!!」
私「お、おう」

流石味噌汁ファン
でもフードコート行った方が早くね?(小声)


神子「4階へ行きますよ!」
私「あれ?上は3階じゃ?」
神子「ここが3階じゃないんですか?」

周りを見渡してみた
壁に2階と書いていた

神子「あっ、上は3階ですね」
私「(゚∀゚)b」



神子さんと階段を上っていたら突然足元が熱くなった

私「なんだか熱いなあ…」(後ろを振り返ってみる)
そこには燃え盛る炎が!

私「ファッ!?いつの間に!?」
神子「うわあ!どうなっているんですかこれ!」
私「誰かが放火したんだよ…誰がやったかは大体予想がつくけど」
神子「早く上に上がりましょう!」


誰がやったかって?
あれをやるのは清瑠さんしかいない\(^o^)/

実際に朝起きて清瑠さんに聞いてみた
清瑠「放火?確かにしたよー!ゾンビがたくさん出てきて面倒くさくなって放火した!一瞬で倒せたよ!」ドヤァ
やっぱり




3階に着いた
ここらへんで私の意識が遠のいてきた
もう少しやりたいと思って耐えていた


神子さんは自販機を探していた
神子「…4階へ行きましょう」

どうやら自販機はなかったようだ



4階へ行こうとしたら階段で朱凰さんとゾンビが戦っていた
ここから意識がぼやぼやで記憶が曖昧な模様

朱凰さんに話しかけて会話をした気がするけど会話内容あまり覚えてない

でもこの部分だけは覚えている
私「その刀ってインスタント?」
朱凰「は?」
朱凰さんの困惑した顔をはっきり覚えている

その後に「そんなわけないだろう」と否定していた
朱凰さんの刀はインスタントじゃないらしい

なんだこの質問(困惑)
きっと意識がぼやぼやしすぎてこうなってしまったんだ…



最後にあっち行け的なことを言われて3階のフロアへ入った気がする
神子さんは4階にしばらくいけないと気が付いたのか3階のフロアに入っていた
ついていった

ここで私の意識は完全シャットアウト


3階のフロアの奥に零さんがいたような気がする
どうだったのだろう…





零「お前と神子を見たから手を振ったぞ!そしたら、手を振り返していたけど覚えてないのかよ…」
言われてみればそんなことしたような…?って感じであまり覚えてない
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

デザイア

Author:デザイア
性別 ♀

タルパ関連の事を書いていきます

タルパ
・神子(2014年 1/14誕生)
・零(2014年 2/20誕生)
・朱凰(2014年 5/8誕生)
・清瑠(2014年 7/11誕生、10/6邂逅)
と一緒に暮らしています(一応全員仮名)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR